閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2005年2月2日 サンティアゴ 中山 健

チリ・Escondida鉱山2004年の銅生産量119.5万tに

 1月25日付け地元紙等によると、Escondida鉱山の2004年の銅生産量は、2003年の99.5万tに対し20.2%増の119.5万tに達した。その内訳は、SX-EWカソード15.2万t、硫化精鉱(銅量)104.3万tである。これは2002年に完成したLaguna Seca選鉱プラント新設による年産125万t体制によるものである。ただし、2003年は銅価の低迷により、減産をしていた。2004年の収益は、銅価の高騰により、2003年のUS$529百万の3倍強の1,700百万USドルに達した。また、法人税413百万USドルを納税しているがこの数字は、4月に申告納税額が確定した段階で更に増加する見込み。

ページトップへ