閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル レアメタル ニッケル
2005年2月25日 ロンドン 嘉村 潤

フィンランド・Keivitsaニッケル・銅プロジェクトの冶金テスト結果をScandinavian Gold社(加)が発表

 Scandinavian Gold社(加)は、2月23日、同社が進めているフィンランドKeivitsaニッケル・銅プロジェクトのフェーズ2冶金テストの結果を発表した。このテストは、フィンランド地質調査所の実験室でKeivitsaからの155kgの掘削コアを使用して実施され、浮遊選鉱処理、浸出処理への適合性、溶錬可能な銅・ニッケル精鉱生産の可能性について好結果が確認された。Keivitsaの主要鉱床は、推定埋蔵量120百万t、予想埋蔵量150百万tと、フィンランドの鉱床発見の歴史上最大級の鉱床である。このテストで最も高い回収率であった精鉱品位は、回収率91%で銅品位6.1%、回収率82%でニッケル品位4.4%、回収率67%で白金族と金の品位が11.6g/tとなっている。同社では、得られた精鉱は加圧酸リーチング処理に適応できるかどうか調べるためのミニ・パイロット試験を4~5月に実施、また、ニッケルと銅の精鉱がスメルターに販売可能かのテストを3~5月に実施するとしている。

ページトップへ