閉じる

ニュース・フラッシュ

2005年2月28日 バンクーバー 宮武修一

Placer Dome社、2004年会計報告

 Placer Dome社は2004年第4四半期の収益は3,900万USドルと発表した。これは2004年同期の8,100万USドルを大きく下回る水準。当期の金生産量は92.7万ozと2004年同期の100万ozに比べ微減したが、こうした減益は主に生産コスト(キャッシュコスト)の増大に起因する(当期264USドル、昨年同期229USドル)。生産コスト増大の要因は主として為替。同社は米ドル立てで金を卸売り、生産国通貨により採掘コストを支払うが、鉱山操業を行う南アフリカ、PNG、チリ、カナダ、オーストラリアらの現地通貨が米ドルに対し軒並み上昇し収益を圧迫した。このほかエネルギーコストの上昇も拍車をかけた。なお2004年の年間利益は2.84億ドルと、2004年の2.29億ドルを上回った。また2004年の年間売り上げも19億ドルと、2004年の18億ドルから増大。
 2005年には同社はチリ・Cerro Casale銅・金プロジェクトの開発判断を行うほか、ネバダのCortez Hillsプロジェクト(60%)、およびドミニカ共和国のPueblo Viejoプロジェクト(100%)のフィジビリティー調査を実施。また、1991年から凍結されていたカナダBC州Mount Milligan鉱床の再評価にも着手する。

ページトップへ