閉じる

ニュース・フラッシュ

2005年3月7日 シドニー 久保田博志

英・Rio Tinto社、クイーンズランド州のアルミナ精錬所の稼働を発表

 COMALCO社(Rio Tinto社の100%子会社)は、クイーンズランド州Glastoneのアルミナ精錬所の稼働開始を正式に発表した。同精錬所は15億豪ドルの建設費かけ予定よりも3か月早く完成。年産140万tの精算能力を持つ。生産されるアルミナは豪州及びニュージーランドの同社のアルミニウム精錬所で使われるほか、Norsk Hydro社へ今後26年間にわたって年間50万tを供給する契約が締結されている。

ページトップへ