閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2005年3月17日 メキシコ 権藤 浩

GM社の銅生産額10億ドル売上増が大幅純益に寄与

 グルーポ・メヒコ(GM)社の情報筋によると、世界の産銅大手会社であり、メキシコを中心に、米国、ペルーを生産拠点とするGM社の2004年銅生産高は、前年比4.6%増の87万tであった。
 銅平均価格が2003年トン当り約1,800ドルから、2004年約2,850ドル(約60%増)に上昇し、売上高が約25億ドルとなり、前年比約10億ドルの増収となった。
 また、モリブデンは、2003年生産量12.5千tから2004年14.4千t(15%増)と増加し、価格が約11千ドルから約35千ドル(3倍増)へ上昇したことから、約4億ドルの増収となった。加えて、金が4%増、銀が2%増、亜鉛が4%増、鉛▲10%減と、同社では産出鉱物の大宗で増産及び売上増となった。
 この結果、鉱物生産額の売上増が、GM社の約8億ドルの純益に大きく貢献した。

ページトップへ