閉じる

ニュース・フラッシュ

2005年3月23日 ロンドン 嘉村 潤

Lonmin社、Southern Platinum社買収提案を発表

 世界第3位のプラチナ生産者であるLonmin社(南ア)は、3月22日、1株当たり2.66加ドルのキャッシュ・オファー(190百万USドルに相当)でSouthern Platinum社(加)を買収する提案について、Southern Platinum社と合意したと発表した。この商談は、58百万USドルの負債の買い取り、Impara Platinum社からの精鉱契約の買い取り15百万USドルを併せると、総額263百万USドルとなる。Southern Platinum社は、南アのBushveld complexにおいてMessinaプラチナ鉱山を操業するMessina社を91.5%所有しており、同鉱山は、Lonmin社の操業地域から250kmの場所にあり、5PGE+金で20百万ozの埋蔵量を有する、生産量は2004年5PGE+金で86,300oz、うち白金は約45,000ozであった。Lonmin社は、同鉱山の白金生産量を年産75,000ozまで拡大できるとみており、このために75百万USドルの追加的支出が必要となると見ている。

ページトップへ