閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2005年3月31日 その他 市原秋男

インドネシア・Antam、フェロニッケル工場再開延期

 PT Aneka Tambang(Antam)社は、定期保守中のフェロニッケル製錬第2工場(FeNi II)の試運転の際に炉内の金属レベルや炉内温度の異常を確認し、電気炉の耐火レンガ損傷の可能性が出たため、今月半ばに予定していた稼働再開を当面延期する方針を明らかにした。
 同精錬所では、新たな冷却システムを導入し、2月22日から試験運転を開始、3月18日からニッケルの生産が始まったが、21日に、炉内の溶融金属レベルや炉内温度に異常が見られ炉の破損も懸念されたため、補修及び対策の検討のため運転を停止した。
 生産に及ぶ影響や被害は特定できていないとしているが、1万150tのフェロニッケル年産目標は下方修正を余儀なくされるとの見方も出ている。2004年実績は前年比11%減の7,945tだった。

ページトップへ