閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2005年4月1日 ロンドン 嘉村 潤

ノルウェー・Espedalenニッケル・プロジェクト、Blackstone Ventures社がフェーズ2掘削作業で高品位ニッケルを確認

 Blackstone Ventures社(加)は、3月31日、Falconbridge社(加)の100%子会社Sulfidmalm A/S社と共同探鉱中のノルウェー中央部のEspedalenニッケル・プロジェクトにおいて、フェーズ2の掘削作業で高品位のニッケルを確認したと発表した。本掘削作業は、2004年秋に掘削して2孔で発見したStormyra地域に焦点を当てたもので、最近実施された物理探査でアノマリーが合計1.1km広がっていることがわかり、この把握が目的である。合計17孔にわたる掘削を100m間隔のセクションごとに1~2孔ずつ実施するもので、これまで5孔掘削、うち分析結果を得た4孔中3孔で相当のニッケル品位を確認、最もいい結果として、ES2005-20ホールで、ニッケル品位1.86%の部分を19.63m(ニッケル品位2.8%で10.87m部分を含む)間で捕捉している。本プロジェクトについては、同社がSulfidmalm A/S社から取得したものであるが、現在、同社シェアが60%、Sulfidmalm A/S社が40%となっている。Falconbridge社が既に昨年末、権益の20%買い戻しを通知しており、Sulfidmalm A/S社は権益相当の資金負担に加えて、今後2年間で合計約5百万USドルの追加資金負担を行うこととなっている。

ページトップへ