閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2005年4月4日 シドニー 久保田博志

中国、PNGのニッケル・プロジェクトに進出

 Highlands Pacific社は、Ramuニッケル・プロジェクト(PNG)の開発(開発費844豪ドル相当)を、中国冶金建設集団公司(China Metallurgical Constraction:MCC)と詳細を詰めた後、年内にも開発に着手したいと発表。
 基本合意は2004年2月に締結、MCCは6か月以内にPNGに子会社を設立、費用の100%を支出してRamuニッケル・プロジェクトの85%の権益を取得する。一方、Highlands社は費用負担なしで、権益比率を8.56%から11.30%に増やし、さらに市場価格で9.25%の権益が取得できるオプションがあり、仮にオプションを行使した場合にはトータルで20.55%まで権益比率を上げることができる。
 Ramuニッケル鉱床は、ラテライト型のニッケル・コバルトニッケル鉱床で、資源量は1.4億t、ニッケル品位1.01%、コバルト品位0.10%、年間ニッケル生産量33,000t/年で約20年間の操業が見込まれている

ページトップへ