閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2005年5月2日 リマ 辻本崇史

ペルー・KGHM社がRio Blanco銅鉱床開発プロジェクトへの参入に積極姿勢

 地元紙(4月28日付)等によると、KGHM社(ポーランド)社長は、Rio Blanco銅鉱床開発プロジェクトに参入すべく、5月にも同鉱床を保有するMonterrico Metals社(英)にプロポーザルを提出したいと発言した。
 これによると、KGHM社は同鉱床の価値を700~800百万ドルと評価しており、少なくとも35%の権益を取得すべくプロホーザルを検討中である。この背景として、同社が自国に保有する残存鉱量が後20年で枯渇することから、将来的な鉱量確保に向けた活動を今後は海外に向け展開したいとの同社の戦略がある。

ページトップへ