閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2005年5月9日 リマ 辻本崇史

ペルー・Alto Chicama金山が6月半ばに操業開始

 地元業界紙(5月4日付)によると、Barrick Gold社は、同社が開発工事中のAlto Chicama金山について、近く工事が終了し6月半ばに商業生産を開始すると発表した。
 これによると、既に工事の95%が終了し、操業開始時期が当初予定していた第3四半期より早まった。今年の産金量は55万oz程度、今後3年間は年産金量80万oz、直接生産コスト155ドル/ozを計画している。
 本金山は、Yanacocha金山に次ぐペルー第2の金山となるが、同社は既にこれまでペルー第2の金山であったPierina金山を保有しており、両金山を合わせペルーで年産金量140万oz程度の生産能力を有することとなる。

ページトップへ