閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2005年5月13日 ロンドン 嘉村 潤

EuroZinc社、ポルトガル・Neves-Corvo銅鉱山における亜鉛生産計画を発表

 EuroZinc Mining社(加)は、5月12日、同社の第1四半期報告の中で、同社が所有するポルトガルNeves-Corvo銅鉱山について亜鉛生産計画を発表した。520万USドルの資本支出で同鉱山内の亜鉛開発プロジェクトを実施、亜鉛ゾーンの採掘装置や亜鉛精鉱生産を促進するための改造等を行い、2006年6月までに亜鉛精鉱を年産25,000t(亜鉛金属量)生産する予定である。また年産5万t(亜鉛金属量)とするスタディも進行中である。
 Neves Corvo鉱山は、Rio Tinto社が49%、Empresa Desenvolviment Mineiro(EDM:ポルトガル国営企業)が51%の権益を有していたが、ポルトガル政府による入札で同社が落札。2004年6月18日に権益100%獲得を完了。売却後の4年間において銅価格が一定値を超えた場合に3者が同鉱山の銅販売利益を分け合うという価格参加権も、同社は2005年1月までに両社から獲得。2004年に同鉱山の採掘処理鉱石は190万t、鉱石品位は銅5.71%、銅精鉱品位は23.9%、精鉱中の銅金属量は95,687tであった。

ページトップへ