閉じる

ニュース・フラッシュ

2005年5月30日 その他 市原秋男

インドネシアのAntam社、フリーポート株9%取得を計画

 地元紙等によると、PT Aneka Tambang(Antam)社は、Freeport Indonesia社の株式9.36%取得計画を政府に申請したもよう。
 これは、財務大臣が国会の質問に対して書面で回答したもので、2005年1月7日付けで、許可申請書が提出されており、取得が実現すれば政府の、Freeport社所有が18.72%に高まり、Antam社からの国庫納入額も増加するとされている。
 Freeport Indonesia社の出資比率は現在、親会社Freeport MacMoran Coppper and Gold社が81.28%、政府が9.36%、Freeport MacMoran子会社のIndocopper Investamaが9.36%となっている。当初Freeport IndonesiaとIndocopperの合併が計画されたが、政府の反対を受け中止となっている。
 申請は、エネルギー・鉱物資源大臣を通じ、国営企業担当国務大臣、財務大臣の調整を経ることとなる。

ページトップへ