閉じる

ニュース・フラッシュ

2005年6月21日 シドニー 久保田博志

ABARE、輸出予想を発表

 豪州農業資源経済省(ABARE:the Australian Bureau of Agricultural and Resource Economics)は、6月20日、報告書「ABARE Australian Commodities Report」の中で、2006年度の鉱産物輸出額が23%増加すると発表した。
 2005~2006年度の鉱物資源とエネルギー資源の輸出額は、848億豪ドルに達する見込みで、主たる要因に中国の需要をあげている。鉄鉱石輸出額は53%、原料炭は57%、LNGは40%増加すると予測している。
 また、鉱物資源生産は8%の増加、ミネラルサンドの輸出も資源ブームによって増加するとも報告している。

ページトップへ