閉じる

ニュース・フラッシュ

2005年7月20日 バンクーバー 中塚正紀、宮武修一

加:テックコミンコ社Trail精錬所でストライキ発生

 7月19日午前5時よりTeck Cominco社・Trail精錬所の労働者1235名がストライキに入り、これに伴い同社は全ての非鉄金属販売に関するフォースマジュールを宣言した。同社による製品の出荷は在庫が有る限り継続される。Teck Cominco社広報によれば、会社側が提案していた新たな雇用契約は三年契約で、向こう三年間にわたり8%の賃上げと6%の年金負担増を確約するというもの。この契約の下、労働者の時間当たり平均賃金は25ドルから27ドルへ増加するという。

ページトップへ