閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2005年7月20日 ロンドン 嘉村 潤

Vulcan Resources社、フィンランドKuhmoニッケルプロジェクトの初期掘削結果を発表

 Vulcan Resources社(豪)は、7月19日、同社(シェア60%)がCambrian Mining社(英)(シェア40%)とJVで実施しているフィンランドKuhmoニッケルプロジェクトの初期掘削結果を発表した。鉱区内に存在する複数の大規模なニッケル銅鉱化帯にうち、2005年4月から2つの鉱床の掘削テストを開始。このうちの一つであるPeura-aho鉱床の浅い深度において掘削が行われた結果、9孔のうち5孔で顕著な鉱化が見られ、SMS/PA-7孔の深さ91.7mから1.2m間で、ニッケル品位2.22%、銅品位0.89%、パラジウム品位2.49g/t、白金品位0.96g/t等の結果を得た。同社は、この鉱化はWMC社が西豪州で発見したCollurabbieと似たスタイルであると評価、今後100km超にわたって広がるニッケル銅鉱化帯への探鉱の最初の結果としていい結果を得たとしている。Kuhmoニッケルプロジェクトは、フィンランドの東部の150kmにわたるKuhmo-Suomussalmiグリーンストンベルトにある170km2の鉱区において実施しているニッケル探鉱プロジェクトで、今年から作業を開始していた。

ページトップへ