閉じる

ニュース・フラッシュ

2005年8月22日 リマ 辻本崇史

ペルー・2005年1~7月の鉱区申請件数は前年同期比20%の増加

 エネルギー鉱山省の発表によると、2005年1~7月の鉱区申請件数(3,024件)は前年同期比20%増となり、鉱区申請件数は、依然として高水準で推移している。
 ペルーの鉱区申請件数は、2005年に入り一時的に大幅に減少した時期もあり、その動向が注目されていたが、全体的な傾向としては、増加傾向にあることが示された。
 エネルギー鉱山省は、本発表に際し、著名な鉱山、探鉱開発プロジェクトサイトで問題となっている、地元住民による反鉱業活動の社会問題にもかかわらず、鉱業会社の探鉱投資意欲は依然として高いと表明した。

ページトップへ