閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2005年8月22日 ジャカルタ 池田 肇

ニューカレドニア・地元民ニッケル開発に懸念

 地元紙等によるとニューカレドニアのChiefly Kanak部族は17日、同国におけるニッケル鉱山開発に懸念を表明し、天然資源管理に関する原住民協議会を設立した。ニッケル鉱山があるThioで開催した第1回の総会で、同部族長は、鉱山会社がニッケル鉱山の操業を開始し長い年月を経過した後も引き続き原住民の声に耳を傾けるように要請した。
 ニューカレドニアのニッケル鉱山開発は130年以上の歴史を持っている。同部族長は、原住民だけがニッケル開発に関連した公害で被害を受けているが、ニッケル鉱山を開発している企業が利益を受けていても、地元住民には全く利益が供与されていないと主張している。さらに、ニッケル鉱山開発に関連した廃棄物で河川が汚染され、沿岸に住む住民が移住を余儀なくされていると批判した。

ページトップへ