閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2005年8月29日 ジャカルタ 池田 肇

フィリピン・銅地金輸出16%減少

 フィリピン政府統計局は22日、2005年上半期の同国銅地金輸出は6万6,380tで前年同期比15.8%減少したが、銅精鉱輸出は2万7,801tで同27.9%増加したと発表した。
 また、2005年上半期の金輸出は969kgで、前年同期の185kgに比べ5倍増加、ニッケル輸出は59kgだった。前年同期の実績はゼロである。クロム鉱石輸出は3万1,221tで同51.8%増加、鉄鉱石は310万tで同29.2%増加した。
 同国の2005年上半期の鉱物資源全輸出は375万tで同1.1%減少している。

ページトップへ