閉じる

ニュース・フラッシュ

2005年10月21日 シドニー 久保田博志

BHP Billiton社、西オーストラリア州で巨額投資

 BHP Billiton社(本社メルボルン/ロンドン)は、10月20日、西オーストラリア州の鉄鉱山関連施設の拡張に13億USドル、共同事業実施者投資分を含めると4年間で58億USドルの投資を行うと発表した。
 投資の内容は、Marra Mamba鉄鉱床の中の C地区開発に496百万USドル、Port Headland港(年間鉄鉱石積出能力129百万tへ拡張)へ744百万USドル、鉄道と貯鉱設備に232百万USドル、Newman鉄鉱山の研究施設に78百万USドルなどとなっている。この拡張によって同社の西オーストラリア州における鉄鉱石生産能力は120百万tに達する。拡張の完成は4年後の2007年第4四半期とされている。
 なお、BHP Billiton社のこの発表に先駆けて、Rio Tinto社(本社メルボルン/ロンドン)も西オーストラリア州での鉄鉱山関連施設の拡張に13.4億USドルを投資すると発表している。

ページトップへ