閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2005年10月28日 シドニー 久保田博志

ERA社、Ranger鉱山事故で罰金判決

 Energy Resources of Australia Ltd.(本社ダーウィン、Rio Tinto子会社)は、10月28日、2004年7月に発生したRangerウラン鉱山事故に対する裁判(Darwin Magistrate’s Court)で、82,500豪ドルの罰金判決を受けたと発表した。
 同社は、Rangerウラン鉱山事故に関して、北部準州政府(Northern Territory’s Department of Primary Industry, Fisheries and Mines)によって鉱山管理法(Mining Management Act)違反により告発され、罰金27,500~275,000豪ドルの罰金刑の可能性があった。
 同社CEOのHarry Kenyoun-Slaney氏は、事故は大変残念なことであり、同社は事故再発防止に努めているとのコメントを発表している。

ページトップへ