閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2005年11月1日 リマ 辻本崇史

ペルー・Yanacocha金山の2005年の産金量は100tに達する見込

 地元紙(10月28日付)他によると、Newmont社と共にYanacocha金山を操業するBuenaventura社は、同金山の2005年第3四半期までの産金量、2005年の最終的な産金量見通し等について言及した。
 これによると、第3四半期までの産金量は前年同期比5%増の2.27百万ozと産金量を伸ばしたが、最終的な2005年の産金量は当初目標の2.9百万ozを大幅に上回る3.25百万ozとし、100tレベル(2004年実績90.4t)に達するとの見通しを示した。
 また、2006年以降の産金量について、理由は示さなかったものの、2006年は2.7百万oz、2007年は2.5百万ozと産金量は減産し、その後は新規鉱床の開発等により産金量は回復するとの見通しを示した。
 なお、2005年第1~3四半期の直接生産コストは150ドル/ozであった。

ページトップへ