閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2005年11月1日 ロンドン 高橋健一

AfriOre社、南アフリカAkanani白金プロジェクトで高品位鉱化帯を捕捉

 AfriOre社(本社英ヴァージン諸島)は10月31日に、南アフリカBushveld ComplexのNorthern Limbで調査中のAkanani白金プロジェクトで、高品位の白金族鉱化帯を捕捉した、と発表した。今回ボーリングにより捕捉した高品位帯は、ニッケル及び銅鉱化とも関連したPlatreef上部に位置し、幅29mで白金族等合計品位(Pt+Pd+Rh+Au、以下「4E」)7.82%、ニッケル品位0.38%、銅品位0.22%の鉱化帯であった。また、その中でも最も高品位部は、幅4.97mで4E品位21.57%、ニッケル品位0.52%、銅品位0.22%であった。これまでに、同プロジェクトのPlatreef上部における12本のボーリング結果が発表されており、12本平均で、幅27.92m、4E品位4.44%とされている。同プロジェクトは、現在第2段階として、鉱量計算を目的とした延べ31,000mのボーリング調査が現在進行中であり、2006年の完了を予定している。

ページトップへ