閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル タングステン
2005年11月8日 アルマティ 酒田 剛

Navoi GMK(ウズベク)、廃さいからタングステンを回収するJ/V設立へ

 地元業界紙等によると、ウズベキスタンの国営企業Navoi Mining and Metals Combine(NGMK)はロシアのIntegra Mining社(Integra Group(カナダ)のメンバー企業)との間でIngichkiタングステン鉱床の廃さいからタングステンを回収するためのJ/Vを設立する。NGMKのKuchersky社長が11月1日に発表したもので、国家地質・鉱物資源委員会もこれを認めている。J/Vによって生産されるタングステン精鉱は、Uzbek Heat-Resistant and Refractory Metals Plant(UzKTZhM)に供給されるほか、輸出も検討されており、NGMK傘下のUzGeotekhlitiが行っているF/S調査の予備的評価で投資規模は10百万USドル程度と試算されている。J/V設立協定の調印は2005年末から2006年初めになると見られている。Ingichki鉱床の開発は1956年から1990年代終りまで行われ、堆積場の廃さい量は約15百万t。現在、ウズベキスタンではタングステン鉱床の採掘は行われておらず、UzKTZhMは製品を生産するためにロシアから精鉱を輸入している。

ページトップへ