閉じる

ニュース・フラッシュ

2005年11月13日 シドニー 久保田博志

豪州・Iluka社、南オーストラリア州で高品位ジルコン鉱床発見

 Iluka Resources Limited(本社パース、以下Iluka社)とAdelaide Resources Limited(本社アデレード、以下Adelaid社)は、11月11日、Euca Basin地域(南オーストラリア州)で実施したボーリングの結果から高品位ジルコン鉱化帯を捕捉したと発表した。
 ボーリング結果は、重鉱物品位1.0~2.9%、重鉱物中のジルコン品位63%の高ジルコン品位であった。
 両社によるColona-JVは、Iluka社のCeduna鉱床の北西180kmに位置し、Iluka社は当初5年間に2,500mのボーリングの実施と更に5年以上にわたる100万豪ドルの支出でJV権益の51%を取得するもの。
 なお、Iluka社は、2005年2月にも今回と同じEucla Basin地域にて総価値31億豪ドル相当の高ジルコン鉱床を発見している。

ページトップへ