閉じる

ニュース・フラッシュ

2005年11月14日 バンクーバー 中塚正紀

Placer Dome社買収に関し、Goldcorp社CEO見解

 Goldcorp社CEOのIan Telfer氏はBarrick社のPlacer Dome社買収に関し、「他社の敵対的入札もなく、成功するだろう。カナダ企業によるカナダ企業の買収は外国企業には得られない税制上のメリットがある上、GoldcorpがもたらすCampbell鉱山の相乗効果も考えるとこのオファーは非常に魅力的なもので、スムーズに前進していくだろう」と語った。Goldcorp社は、Barrick社がPlacer Dome社の買収に成功した場合、同社からPlacer Dome社所有のオンタリオのCampbell鉱山を含む3鉱山やチリのLa Coipa鉱山の権益、ドミニカ共和国Puebulo Viejoプロジェクトの40%権益を13.5億USドルで購入することでBarrick社と合意している。Placer Dome社の資産を入手することで、Goldcorp社の2006年の生産高は倍増し、埋蔵量も大幅に増えると推測される。また、Telfer氏は「Barrick社、Placer Dome社、Goldcorp社の株主らの買収に対する反響は非常に好意的で、今のところは3社すべてに有益である」とも述べた。11月8日、Goldcorp社は2005年の第3四半期報告を発表。第3四半期は2004年同時期の990万ドルを大幅に増やし5,650万ドルの利益を上げ、売り上げも5,030万ドルから、2.04億ドルと大幅に上昇した。

ページトップへ