閉じる

ニュース・フラッシュ

2005年11月21日 ジャカルタ 池田 肇

インドネシア・エネルギー鉱物資源省改組、新人事

 プルノモ・ユスギアントロエネルギー・鉱物資源相は、11日、大統領令No.182/Mに基づき「地質鉱物資源総局(GMR)」を「鉱物石炭地熱総局」に改組し、新総局長に元GMR総局長のシモン・フェリックス・スンビリン(Simon Felix Sembiring)氏を任命する人事を発表した。また、新設の「エネルギー鉱物資源研究開発センター」所長には元大臣専門スタッフ経済財政担当のネニー・スリ・ウタミ・プルウォト(Nenny Sri Utami Poerwoto)女史を任命。地質センター新所長には同情報・広報担当のバンバン・ドウィヤント(Bambang Dwijanto)氏を任命した。経済財政担当及び情報・広報担当の後任には、ワルヨノ・カルノ(Waryono Karno)前石油・ガス局官房長、スクヤル前・地質鉱物資源局官房長がそれぞれ抜擢された。

ページトップへ