閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2005年12月5日 ジャカルタ 池田 肇

ル・ニッケル、ニッケル生産正常化へ

 仏ル・ニッケル(Le Nickel)社は25日、ニューカレドニアのニッケル生産が正常化する見込みと明らかにした。同社は労働不安で解雇した現場従業員の職場復帰を一時的に容認したことで労働不安が解消したもの。
 ル・ニッケルと仏領ニューカレドニア政府は、NoumeaにあるDoniambo製錬所で11月初めから現場従業員の部分ストライキで最低限の操業を続けている。
 現在のところ全労働者の職場復帰のスケジュールは立っていない。
 しかし、ル・ニッケルは製錬所の鉱石在庫が11月末で払底するため、従業員が職場復帰しない場合には製錬所閉鎖を実施する方針を明らかにしている。スト実施中の現場従業員が、製錬所内への鉱石搬送を妨害しているからである。
 ル・ニッケルはエラメット(Eramet)の金属ニッケル生産部門で、Doniambo製錬所の同生産能力は7万5,000tである。

ページトップへ