閉じる

ニュース・フラッシュ

2005年12月9日 シドニー 久保田博志

北部準州への核廃棄物処分に関する法案、上院通過

 北部準州に原子力廃棄物処分場を建設するための法案が、12月8日、オーストラリア連邦議会上院(Senate)を通過した。
 この法案は、連邦政府が2011年までに北部準州に原子力廃棄物処分場の建設を認めるもの。3か所の建設予定地(2か所はCentral Land Council、1か所はNorthern Land Councilの土地とされる)から、1か所が選ばれる見込み。シドニーのLucas Heights核施設からダンプトラック約130台分の廃棄物が処分される予定。
 この法案には、地方政府、環境団体、伝統的な土地所有者等が反対している。

ページトップへ