閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年1月19日 アルマティ 酒田 剛

カナダ・Puma社、ロシアのPGM探鉱予算を10.6百万USドルに引き上げ

 Bema Gold社(カナダ)の子会社Puma Minerals社は12月19日、ロシア・コラ半島で行っている白金族金属(PGM)の探鉱予算を10.6百万USドルに引き上げると発表した。同社が2008年末までの計画でPana tundra貫入岩体の東部地域で行っている探鉱プロジェクトは、P1カテゴリーで白金・パラジウムの資源量が1.1百万oz.以上(金属品位8g/t)とされる。ロシア天然資源省によれば、同貫入岩体には金・PGM品位が2~24g/tを示す低硫化型鉱化作用が認められており、微量のニッケル・銅・コバルトを伴う。

ページトップへ