閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年1月20日 シドニー 永井正博

豪州・Iluka社のミネラルサンド生産・探査状況

 豪州最大のミネラルサンド生産会社のIluka Resources社(本社パース、以下Iluka社)の2005年の生産状況が明らかになった。
 ルチルが174千t(対前年比16.7%増)、イルメナイトが1.59百万t(13.5%増)、ジルコンが418千t(2.4%減)。ジルコンの減は、西オーストラリア州のEneabba鉱山が低品位であったため。
 ミネラルサンドの販売は1.98百万t(6.3%増)で、会社の売り上げは921百万豪ドル(12.4%増)で、うちミネラルサンドの売り上げは880.6百万豪ドル(12.1%増)。
 探査状況としては、Eucla Basinの200mボーリングは終了し、Murray Basinの探査は9か月遅れで2006年中頃に終了予定である。

ページトップへ