閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年1月23日 メキシコ 権藤 浩

コスタリカ・ベジャビスタ金鉱山が商業生産開始

 トロントに本社を置くグレンカーン(Glencairn Gold)社HP(1月18日付)等によると、同社は、コスタリカのベジャビスタ(Bellavista)金鉱山で2005年12月から商業生産を開始し同月の産金量121kg、ニカラグアのリモン(Limon)鉱山の産金量を加算すると222kgとなり、月別産金量で最高を記録したと発表した。2005年通年の金売却量は1.2tで、うちリモン鉱山で1.1tを売却した。
 ベジャビスタ鉱山は、産金能力142kgに対して現在の稼働率は約85%。産金量は年平均1.7tとしマインライフ6年間を見込む。2005年中に金品位1.67g/tの鉱石約80万tをリーチングパットに積載した。
 リモン鉱山では、2005年第4四半期の産金量が226kgと、第1~3四半期の平均産金量298kgから減少しているが、11月に少数労組員による18日間のストライキの影響としている。
同社は、2006年産金量を両鉱山合せて2.9tと見込んでいる。

ページトップへ