閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年1月31日 リマ 辻本崇史

ペルー・Milpo社がChapi銅鉱山の操業を開始

 地元業界紙(1月26日付)他によると、亜鉛生産大手のMilpo社は、ペルー南部のArequipa県に位置するChapi銅鉱山(マント型鉱床)の操業を開始した。計画産銅量は7.3千t/年、山命は14年を予定。
 これによると、同鉱山では、二次硫化鉱と酸化鉱を対象にSX-EW法による銅生産を予定しているが、電解製錬施設の完成は2007年の予定であることから、それまでは銅硫酸塩の形で同社がチリで操業中のIvan銅鉱山に運搬し銅生産を行う。鉱量の多くは硫化鉱(鉱量14百万t(銅品位1.7%))で、今後の探鉱により鉱量がさらに増加する可能性もあり、この場合、将来的な施設拡張も視野に入れている。

ページトップへ