閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年1月31日 リマ 辻本崇史

ペルー・Marcona銅鉱床開発プロジェクトのF/S調査は2006年内に終了

 韓国系グループ(Korea Resources & LS Nikko Copper)と共にMarcona銅鉱床開発プロジェクトを推進するChariot Resources社(カナダ)は、1月23日、2006年内にF/S調査と環境影響調査を終了すべく、この一環としてボーリング調査を開始したと発表した。ボーリングの工事量は総延長3.4万mで、5月末に終了の予定である。これらと並行して追加的な冶金試験も行なう。
 最近の関連の報道より、同社は2009年内の操業開始に自信を示しており、年産銅量10万t規模(SX-EW法生産と銅精鉱生産を併用)の銅山として操業開始を計画している。

ページトップへ