閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年2月2日 シドニー 永井正博

豪州・Ranger鉱山、ウラン価格上昇の恩恵を受けず

 地元紙等によると、Energy Resources of Australia Ltd.(本社ダーウィン、以下ERA社)は、2005年の実績を公表した。ERA社のRangerウラン鉱山は2005年の5,137tを上回る5,913tのU3O8の生産を記録した。利益は10%増の40.7百万豪ドルで、売り上げは9.9%増の266百万豪ドルであった。
 しかしERA社は、生産量のほとんどが長期契約に基づくものであるため、ウラン価格上昇の恩恵を受けることができない。ウランのスポット価格は2003年の7USドル/lbから現在は37USドル/lbに上昇している。ERA社の2005年の平均販売価格は16USドル/lbであった。ERA社は契約更改するためには2年間またなければならない。
 Ranger鉱山は30百万tの資源量をもち、U3O8 0.2%の鉱量を44,458t、U3O8 0.14%の鉱量を42,587t持っている。

ページトップへ