閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年2月4日 リマ 辻本崇史

ペルー、2005年の鉱産物輸出額は前年比34%増の95.4億ドル

 ペルーの輸出促進委員会(PROMPEX)は、2005年の輸出額(FOB)速報値を発表した。これによると、鉱産物輸出額は95.4億ドルで総輸出額(170億ドル)の56%となり、前年比で34%増加した。鉱種別輸出額の第1位は銅(約34億ドル)、第2位は金(約30億ドル)で、両鉱種で鉱産物輸出額の2/3を占めた。
 また、別途、リマ商業協会の発表によると、輸出企業上位100社(総輸出額の81%を占有)の内、鉱業関係企業は34社で、とくに上位10社の内8社は鉱業会社で、輸出額上位企業に鉱業会社が多いのが特徴である。
 輸出額が10億ドル以上の上位3社は、下記の鉱山会社である。
 第1位:Southern Peru社 2,119百万ドル
 第2位:Antamina鉱山社 1,680百万ドル
 第3位:Yanacocha鉱山社 1,502百万ドル

ページトップへ