閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年2月7日 ロンドン 嘉村 潤

Adastra Minerals社、First Quantum Minerals社の買収提案拒否は、主要株主も支持

 Adastra Minerals社(英)は、2月3日、前日に正式提案があったFirst Quantum Minerals社(カナダ)による買収提案(Adastra Minerals社株17.5株に対して、First Quantum Minerals社株1株の株式交換、期限は3月10日まで)についてコメントを発表した。改めてAdastra Minerals社役員会及びその財務アドバイザーは、この買収提案が同社の価値を著しく低く評価した提案であることを表明し、同社最大の株主M&G Investment Management(14.8%シェア保有)、同社創立者のJean-Raymond Boulle氏らの最大個人株主(7.7%)、Merrill Lynch Investment Managers(5.2%)、その他の合計で50%超となる主要株主は、この買収提案には魅力がなく、提案拒否という役員会の見解を支持しているとコメントしている。Adastra Minerals社は、正式な役員会としての推薦状とその理由を株主に遅くとも2月17日までに送付する予定である。

ページトップへ