閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年2月10日 メキシコ 権藤 浩

マジェスティック社(カナダ)、メキシコ・パリージャ銀山で最初のドーレ棒生産

 バンクーバーに本社を置くマジェスティック(First Majestic Resources)社HP(2月7日付)等によると、同社は、メキシコドゥランゴ州パリージャ(Parrilla)銀山で、1本当り約28kgの最初のドーレ(粗銀)棒を5本生産したと発表した。
 同鉱山は、2004年10月からプレ商業ベースで銀生産を開始し、現在は鉱山開発とミル改良を行いつつ鉱石180t/日を採掘している。今後の計画は、2006年8月から商業生産を開始し、鉱石400t/日採掘、銀の生産量37t/年である。
 今回のドーレ棒生産の背景には、これまで生産した銀精鉱を同鉱山から約300km離れたペニョーレス社トレオン製錬所へ売却していたが、同社幹部によると、熔錬費や運搬費の削減、売却先の拡大(米国、中国、日本等)を目指して決断したという。

ページトップへ