閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
プラチナ レアメタル
2006年2月13日 バンクーバー 中塚正紀

Barrick Gold社、Placer Dome社との合併でプラチナに進出か

 Barrick Gold社はPlacer Dome社と合併することで、世界最大の金生産会社となるが、同社の副社長Alex Davidson氏は南アフリカのケーブタウンで行われた鉱業大会においてPlacer Dome社と地元コミュニティーがジョイントベンチャーを行っている南アフリカのBushveld ComplexのSedibeloプロジェクトに積極的に取り組む考えで、プラチナ生産にも参入する考えがある旨発表した。Bushveld Complexは世界のPGMの約80%を産出する豊かな地域で、Placer Dome社は2003年の11月から地元コミュニティーBakagtla Ba-KgafelaとジョイントベンチャーでSedibelo開発を開始した。同年12月のボーリング調査で、SedibeloにはPGM約16百万ozの埋蔵量があるとの結果が出ている。Barrick Gold社は同地域のさらなるフィジビリティー調査においてどこまでターゲットを絞るかを2006年中に検討していく予定。また、同社は合併が完了した時点で、アフリカ専門ビジネス部門を設立し、タンザニアの土地管理やSedibeloやPlacer Dome社が50%所有する南アフリカのSouth Deep鉱山の投資などを行っていくと述べた。

ページトップへ