閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年2月13日 アルマティ 酒田 剛

Celtic社、ロシアの金資産をInterrosに売却してカザフスタンに投資を集中

 地元業界紙等によれば、Celtic Resources社(アイルランド)はロシアのNezhdaninskoye金鉱床の開発権を所有するSouth Verkhoyansk Mining Company(SVMC社)の権益20%をInterros(Norilsk Nickel社を所有する持株会社)に売却することで合意した。2月3日に明らかになったもので、金額は80百万USドルとされる。2005年9月にNorilsk社の金資産部門Polyus社がSVMC社の50%を取得して以降、Celtic社は自社の権益50%が不当に20%に減ぜられたとして残り30%が係争状態にあったが、売却によって訴訟は取り下げられる。ロシア第2位と評されるNezhdaninskoye金鉱床(金埋蔵量478t)へのCeltic社の投資額は30百万USドルとされ、同社は裁判で浪費する膨大な時間と資金の代わりに売却益を得る方策を選んだ。Celtic社は今後、カザフスタンに所有する金鉱山SuzdalとZherekの生産に注力し、同国で獲得すべき資産の評価を続けるとしている。Barrick Gold社(カナダ)は、Celtic社株式の14%を所有している。

ページトップへ