閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル クロム
2006年2月13日 アルマティ 酒田 剛

業績好調なカザフスタンのEIA、ロシアのフェロクロム生産者を買収

 地元業界紙等によれば、カザフスタンのEurasian Industrial Association(EIA)の配下にあるInternational Mineral Resources(IMR)がロシアのフェロクロム生産者Serov Ferroalloy Plant(SZF社)を買収することをSZF社のDarko Koncar社長が2月2日、明らかにした。SZF社はKoncar社長率いるKermasグループ(クロアチア)が所有しており、同グループはRussky Khrom(Russian Chrome社)も傘下に持つ。IMRは1月13日にドイツ独占禁止庁に対してSZF社買収に関する許可を申請、同庁は1月24日に許可を与えていた。EIAからクロム鉱を調達するSZF社は、従来から鉱石不足の問題を抱えていたが、買収による経営統合で需給環境が改善されると見られている。フェロクロムの年間生産量は、SZF社が中-低炭素100千t、EIA傘下のKazchrome社が低炭素32千t、中炭素36千t、高炭素1,000千tとされる。
 EIAは、クロム産業のほか、鉄鉱石、アルミナ、マンガン鉱、石炭、電力、銀行などの分野の主要企業を傘下に収めるカザフスタン有数の新興財閥であり、2005年には前年比39.3%増の734百万USドルの純利益を上げた。

ページトップへ