閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年2月16日 シドニー 久保田博志

Antofagasta社、Tethyanのパキスタン案件買収

 Tethyan Copper Company Limited(本社パース、以下Tethyan社)は、2月15日、Antofagasta PLC社(英国上場、チリ資本)による、Reko Diq銅JVプロジェクト(パキスタン)の買収に応じる意向を示した。
 買収は、1.20豪ドル/株、総額190百万豪ドル、これは買収に対抗しているCrosby Capital Partners銀行(本社香港/ロンドン、以下Crosby社)の提示額77.5c/株、総額103百万豪ドルを55%上回っている。
 Antofagasta社は、既に、同鉱床を発見したBHP Billiton社と同社の買戻し権(Claw-back right)を60百万USドルで買取り、Barrick Gold社とTethyan社のパキスタン国内の銅・金資産の開発に関するJV契約(権益50%)を締結している。

ページトップへ