閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年2月28日 ジャカルタ 池田 肇

フィリピン・Philex社、1月の精鉱生産高は4億1,330万ペソ

 地元紙等によればフィリピンのPhilex Mining社は22日、1月の金・銅・銀などの生産高は4億1,330万ペソで前月の5億204万ペソに比べ17%の減少と発表した。
 1月の銅・金精鉱生産は4,398dmt(ドライメトリックトン)で同6,142tに比べ28%減産した。1月生産の内訳は、銅が95万4,057kg、金は18万5,530g、銀は18万3,327gと推定されている。
 1月は銅精鉱5,540wmt(ウエットメトリックトン)を輸出、輸出高は4億881万ペソだった。

ページトップへ