閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年3月3日 ロンドン 高橋健一

Lonmin社買収提案の動向は沈静化

 世界第3位のプラチナ生産者であるLonmin社は、2月24日、先に発表した同社の買収に関する提案については、もはや沈静化した旨発表した。この動向は、同社の買収の提案があり、ただし、これは極めて初期段階のものであるとし、今後の実際の買収に繋がるかどうかの確実性はないものとして2月17日に同社が発表していたもの。その時点で、具体的な提案元の名前は発表されていなかったが、英国メディア・市場関係者においては提案元の様々な憶測が飛びかい、同社の株価も約30%上昇していた。今回の発表により今回の買収動向は一応終結した模様であり、同社の株価も発表後は約15%下落している。

ページトップへ