閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年3月3日 シドニー 久保田博志

オーストラリア外相、現状でのインドへのウラン輸出を否定

 地元紙等によると、Alexander Downer外相は、オーストラリアはインドへのウラン資源輸出を行わないことを確認するとのコメントを発表した。
 オーストラリアは、軍事目的を禁じる核拡散防止に関する協定の締結をウラン輸出の条件としているが、インドとはこの協定を締結していないことがその理由。
 しかし、貿易交渉のため週末からインドを訪問しているHoward首相は、インドが核拡散防止に関する協定に署名するのであれば、インドへのウラン資源の輸出を行うとの意向を示している。
 また、これに先立ち、インドは同国を訪問していた米国Bush大統領と、核兵器に関する情報を明らかにするのであれば、米国はインドの民生用原子力開発プログラムを支援する用意があるとの提案に合意している。

ページトップへ