閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年3月7日 リマ 辻本崇史

Xstrata社、ペルー・Las Bambas銅鉱床探査の2005年度成果を発表

 Las Bambas銅鉱床の探鉱を進めるXstrata社は、3月1日、2005年度の探査結果を発表し、期待どおりの成果を得たとした。
 これによると、2005年内に約5.6万mのボーリング調査(237本)を実施し、これに既存ボーリング(約5.2千m:40本)を加え算定した鉱量(indicated & inferred)は、3億t(銅品位1.1%、若干量の金とモリブデン含有)であった。鉱床タイプは、高品位スカルンタイプの鉱化作用とポーフィリータイプの広範な鉱化作用の両者が把握された。
 2006年度は更に探鉱を強化し、10万mのボーリングを計画しており、2005年度把握した鉱体以外に鉱床ポテンシャルが高い新地区でもボーリングを行い、新鉱体の把握、鉱量の増加を狙う。
 Las Bambas銅鉱床は、同社が政府入札により獲得し、期待鉱量5億t(銅品位1.0%)とされる注目のプロジェクトであるが、同社が自社探鉱の結果を公式に発表したのはこれが初めてである。今回の発表により、探鉱は順調に推移し、期待どおりの探査成果を得ている模様である。

ページトップへ