閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年3月14日 リマ 辻本崇史

ペルー・Yanacocha金山の中長期的な産金量見通し

 地元紙(3月6日付)他によると、Newmont社と共にYanacocha金山を操業するBuenaventura社の社長は、同金山の今後の中長期的な産金量見通し等について発言した。
 これによると、同金山の産金量は、2005年の産金量3.3百万ozをピークに今後は減産し、2006年及び2007年の産金量は年産2.5~2.6百万oz程度、その後は更に減産し、中長期的には年産2百万ozレベルで維持するとした。
 産金量が減産に向かう理由の一つとして、主要鉱床の一つであるCerro Quilish鉱床の探鉱・開発が地元の反対により中止される等、新鉱床開発が難しくなりつつある点を指摘した。

ページトップへ