閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年3月14日 リマ 辻本崇史

ペルー・Lagunas Norte金山の2006年の産金量は百万ozを計画

 地元業界紙(3月8日付)等によると、Barrick Gold社は、2005年6月より商業生産を開始したLagunas Norte金山(従来Alto Chicama金山と呼称)、従来より操業中のPierina金山の生産状況等を発表した。
 これによると、Lagunas Norte金山の2005年の産金量は当初計画通りの55万oz(操業キャッシュコスト110$/oz)であったが、初の通年操業となる2006年の産金量は、前年比の倍近い百万ozを計画している。
 一方、Pierina金山の2005年の産金量は前年比3%減の62.8万oz(操業キャッシュコスト139ドル/oz)、2006年の具体的な産金量計画には言及しなかったが、2008年8月に同金山を閉山する可能性がある点を明らかにした。

ページトップへ