閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年3月14日 リマ 辻本崇史

ボリビア・Coeur d’Alene社がSan Bartolome銀鉱床開発の鉱山工事を本格化

Coeur d’Alene社(米)は、2005年3月、ボリビア南部のポトシ県に位置するSan Bartolome銀鉱床開発の鉱山工事に着手したが、その後、大統領選挙と新政権発足に伴う政治情勢を見極めるため、鉱山工事のスピードを落としていた。 本件に係わり、地元業界紙(3月7日付)等によると、同社は、とくにエボ・モラレス左派政権の誕生により、その後の政治情勢等を注視していたが、新鉱業大臣、ポトシ県関係者、Comibol(鉱山公社)等との会談により、現政権の下での鉱山開発環境に問題はないと判断したことから、2006年半ばまでに鉱山工事を本格化する。 なお、2005年の鉱山工事着手時には、操業開始は2006年内を予定としていたが、本報道によると操業開始は2007年にずれ込む見通しである。

ページトップへ