閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年3月15日 シドニー 永井正博

豪州・PepinNini社、南オーストラリア州でウラン鉱山開発のFSを開始

 PepinNini Minerals社(本社シドニー、以下PepinNini社)は、南オーストラリア州のCrocker Well とMt. Victoriaのウラン鉱床の事前調査結果が良好であったことを受け、160百万A$の新規ウラン鉱山開発のFSを開始する予定と発表した。
 FSは現在の埋蔵量を拡大するための9か月の試すい探査を含み、追加鉱量が確保されれば、15か月の鉱山建設期間を経てウラン生産が始まる。
 事前調査では、鉱山開発とウラン処理のコストはU3O8、1ポンド当たり15.26US$と見込まれる。現在のウラン価格は39.50US$/lb。計画では、採掘量5.7百万t/年から172.5万t/年の鉱石、585t/年のU3O8が生産される。

ページトップへ